読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニーズ楽曲大賞2015

ジャニーズ楽曲大賞2015に投票しました。備忘録も兼ねてブログに残しておきます。
それにしてもすごいイベントですね。ジャニーズ楽曲大賞のことを知ったのはジャニヲタに出戻ってきた2013年だったのですが、当時はタイミング的にも熱量的にも投票できず。初めて投票したのは2014年でした。ツイッターでどんどんランキングが発表されていく様子はとても楽しかったです。何事も参加してなんぼだなと実感しました。
今回改めてざっと過去のランキングを見てみたのですが、グループの勢いとなんとなくでもリンクしているのがおもしろかったです。昨年の圧倒的ウィークエンダーは記憶に新しいところですが、それを踏まえての今年もじゃんぷさんの活躍は目覚しかった!は関ジャニ∞も2009年、2010年にブリュレ、LIFEでそれぞれ1位をとっていますが、2011年には初の5大ドームツアーを遂行しています。単純に、ランキング上位=聞いた人が多い≒CDが売れているということも言えなくもないので、そういう意味では今一番勢いがあるグループが上位にくるという傾向は間違いなくあるだろうし、CDの売り上げによって事務所のプッシュ具合やお金のかけ具合もかわってくるんだろうなぁとも思いますね。*1そんな中2011年に1位をとっているSexy.Bunny.Honey!も興味深い…と掘れば掘るほどおもしろいイベントですが、いつまでもぐだぐだ言っていても終わらないので、とりあえず私の投票したものをまとめておきます。


 

 

楽曲部門

1位「勝手に仕上がれ/関ジャニ∞
バンド関ジャニ∞を見せつけてくれた曲。ここまで進化しているのかという驚きと、圧倒的なかっこよさを堪能しました。「拍手浴びせてくれ ただでさえみんなが帰る姿 みなくてすむように」とどこか情けないところも関ジャニ∞らしさ。帰る姿を見たくないと思ってくれていたらなんだか嬉しいし、いくらでも拍手を浴びせさせてあげたい次第。
元気が出るCDの他アーティストからの提供曲はどれも大好きなんですが、象徴的なのはやっぱりこれかなぁということで1位に投票しました。

 

2位「Otherside/SMAP
ここ最近のSMAPの攻撃力の高さは目を見張るものがりますが、そのラインをつきつめている様子がとてもかっこよい!!まだまだ攻めてくるアラフォージャニーズは頼り甲斐もありますし、とても恐ろしくもあります。

 

3位「渇いた花/関ジャニ∞
コンサートで醸し出される空気感にきゅん、としました。昔からずーっと一緒だった二人。村上さんがピアノを始めたのはわりと最近ですが、あんなに楽しそうに弾けるようになっているとは知らなかったです。

 

4位「ココロオドレバ/渋谷すばる
渋谷すばるが音楽をやっていてくれて本当によかった!!楽しそうに歌う姿が素敵すぎました。2015年は渋谷すばるの年だったな。味園ユニバースの存在感含め、「渋谷すばるしかできないこと」を最高の形で提供してくれたと思います。

 

5位「愛を叫べ/嵐」
結婚式にこれを歌われる花嫁は本当に幸せだろうなぁ。最高に愛を感じますよね。昔からの友達が自分のためにパフォーマンスをしてくれて、マドンナとか呼ばれちゃって、隣には大好きな人(新郎)がいて、すごく幸せじゃないですか。アイドルがうたうハッピーソングは正義。幼馴染の嵐を妄想したら倒れそうです。

 

 

未音源化部門

「ブラジリアンワックス/安田章大
選択肢にはいってるwwwwwwっていうテンションで選びました。その他の曲があまりわからないというのもあります、すいません。

 

 

MV部門

「CANDY MY LOVE/キャンジャニ∞」
おっさん達の女装をこんなにかわいいかわいいと愛でる日がくるとは思わなかったです。動きがつくとさらにかわいい。企画した時点で成功がみえますね。ずるいなぁ。すば子の美しさに目を奪われました。

ちなみに次点はせんせーしょんズです。 世界観がとてもすきでした!

 

 

現場部門

 「関ジャニ∞の元気が出るLIVE!!」
演出はシンプルなのに最高に楽しい!「今できるすべて」とのことですので、それを120%受け止めたいところです。
ちなみにKINGの安田章大のヒップホップに8100円払えます。



コンビ部門、自担部門は変化なしです。永遠のヤンマー押しです。仮に担降りすることがあっても、コンビ部門はかわらない気がする…!

できればいろんなグループの曲をきいてMVをみて現場に足を運んで楽曲大賞を楽しんでみたいのですが、なかなかそれも叶わず、関ジャニ∞ばかりになってしまいました。来年こそはもっといろいろなグループのことを知りたいと思います。盲点だったのは、名古屋って意外とコンサート平日開催が多いということです。お願い、休日にやって!
とりあえず2016年は転職を成功させて、プライベートを手に入れるぞ!Mステリアタイできるようになるぞ!

 

ということで、以上です。
どんな曲が上位にくるのか、とても楽しみです。

 

*1:ファンのカラーやツイッター特性はもちろんあると思うので、あくまでも傾向だと思いますが