読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私もあの日札幌にいけませんでした

2016年12月10日関ジャニ∞コンサート 関ジャニ's エンターテインメントに参戦するため、新千歳空港に向かうはずだった私の飛行機は、ついに中部国際空港を飛び立つことはありませんでした。ある意味一生忘れられない思い出になりましたが、記憶はきっと薄れてしまうので、改めてここに記録しておきたいとおもいます。

 

前日18:00頃

なにげなくTwitterを見ていると、午前中の新千歳行きの便が欠航になっていることが目に入りました。同僚と「明日札幌いくんだけど飛行機飛ぶかわかんないんだよねー」とまだまだ余裕の発言です。 

 

当日朝8:00頃

前日終電がなくなるくらいまで飲んでいたこともあり、若干二日酔いで起床。そのままぼーっとした頭、すっぴんで中部国際空港、通称セントレアに向かいます。うちからセントレアまでは約1時間。眠くてあまり何も考えていなかった頃。

 

8:30頃

なんか雪がやばいらしいとTwitterがざわつき始めており、他の空港やフォロワーさんも出発が遅れたり到着が遅れたりしていました。マルちゃんがサタプラの中継をしているキャプ画が流れてきたのですが、見事な雪景色で、わたしいまからここに行くんだ…と思うとちょっと面食らったのを覚えています。

私が乗るのは8:30発のジェットスターGK181便。出発ロビーも8割くらいはエイターさんだったと思います。8:30になっても飛行機に搭乗することはできず、とにかく遅れますというアナウンスだけありました。

 

「すんなりとは行けないかもしれないが、まぁたぶんなんだかんだ行けるんだろうな。でももしかしたら行けないかもな。いやでもまぁ行けるんだろうな。でももしかしたら行けないかもな。」と(おそらくそこにいた多くの人が)思っていました。お姉さんがマイクをもった瞬間、ジャッジが下される瞬間の息を飲む感じ、体温がさがる感じ、いっきに心拍数があがる感じは既視感がありましたね。


そのときは改めて「遅れています」とのアナウンスだったため、その場の空気はまたゆるみました。 「全然大したことない重大発表」の方でした。

 

9:10


お姉さんが2回目マイクで発したのは「欠航」の二文字でした。
ざわつくエイター。もちろん私も。でもちょっと心のどこかでそうなると思っていたので、「まじか…」と受け止めるのもわりと早かったです。ここからどうしよう…と思いながらバスに乗せられロビーへ移動。
バスの中では「だから12月の北海道はダメなんだ…あと1ヶ月早くならないのか」という声が聞こえて、まじそれな!と思っておりました。


9:30頃

とりあえずロビーに降り立ち、カウンターで返金や振替の説明を受けます。振替は12日以降と言われたので迷わず返金を選択。その場での返金対応は無理なので、コールセンターへ連絡してくださいと電話番号を書いた紙をもらいました。なお本日はおそらく電話が混んでいるので、後日改めて電話してください、1年間有効です、とのこと。「現金での返金ではなくクーポンでの返金になります」と言われ「クーポン???」と思ったものの、それどころではなく適当に返事をしてカウンターを後にしました。ちなみに12/12現在まだ返金の電話しておらず、クーポンがなんなのかよくわかっていません。ジェットスターはチケットを買う際に1000円だか2000円だかを積んでおくと返金額が増えるみたいな制度があり、今回もそれを申し込んだはずなので、ある程度の額が返ってくるのだとは思いますが、クーポンってなんだろう。 

 

10:00頃


札幌在住のヅカヲタのアドバイス。ただこのタイミングでその判断をするのはかなりの決断力がいりました。東京いっても乗れるかわからないし飛べるかもわからないし間に合うかもわからないし…。前日陸路に切り替えたという人も見ましたが、機転をきかせた対応ができる人は本当にすごい…。
とりあえずJALのキャンセル待ちに申し込み。45,000円くらいだったと思います。申込み時点でクレカ決済され、乗らなかった(乗れなかった)場合はカウンターで返金手続き、とのこと。JALにしたのはTwitterで「ANAよりJALの方が雪に強い」ということを見たためですが、本数を考えたらANAの方がよかったのかもしれないです。というか両方とりあえず申し込んでおくというのでもよかったのかな。そうすると返金対応はどこでするの?となるのでやはりどちらかしか無理だったのかな。
この時点で11:30以降の便のキャンセル待ちにエントリーできました。時間的には11:30もしくは13:30に乗らないとコンサートには間に合わないかな、という感じ。キャンセル待ち10人目でした。ここの判断で明暗分かれそうな気もしますね。

キャンセル待ちエントリー後すぐ「1時間以上遅れる見込み」のアナウンスが。何時出発になるかわからない=何時にキャンセル待ちカウンターにいればいいのかわからない、そしてそのタイミングを逃すとのれなくなってしまう、ということで、とりあえず再び保安検査を通りキャンセル待ちカウンターの前で待機です。 

 

11:00頃

ANAが欠航になったり、JALが飛んだり(3時間遅れで)、Air Doが条件付きで飛んだり、あまり状況が読めない感じです。

旭川に飛んで、陸路で札幌に向かった方がいいという情報も掴んだのですが、セントレアから旭川に飛んでいる飛行機はありませんでした。(正確にはアサイチはあるっぽかった) 

 

12:00頃

キャンセル待ちの便の出発時間が14:35に決定。ただし遅れるかもしれない、とのこと。
この頃から疲労がたまりはじめます。すでに4時間空港にいるからね…。

 

 13:30頃

14:35に飛んだところで降りられる可能性は限りなく低い気がしてきています。と同時に、新千歳から札幌までの時間も考え始めたのがこの辺りです。MCくらいまでは諦めてもいいとすら思っていたのですが、もはやそれも間に合わないのではないかという気になっていました。というかあんなに雪が降っていたのに電車が動いているという方がすごいよ北海道…。


14:00頃

14:35にも飛ぶのは難しいとのアナウンスがはいり、あぁこれは無理なんだなぁとわかった瞬間がありました。保安検査所は係員さんに声をかけると出してもらえます。「次とおるときはもう一回検査になりますんで」と言われ、ていうかもう今日だけで2回も検査受けてるんだよなぁと遠い目。 

 

15:00頃

別で遊ぶ約束をしていた札幌在住の友人から「15:30のAir Doはまだあいているからとりあえずチケットとったよ!」とeチケットが送られてきました。まじか。
コンサートはおそらく間に合わないが、札幌に行くことはできるのか?と一筋の望みをかけてみるものの、 

15:30頃

見事に欠航になりました。 

 

16:30頃

今日という日は二度と忘れないなぁと思いながら帰宅。1時間で現実に。やっと「コンサートにはいれない」という実感がわいてきて悲しくなったりしました。正直ここまでは、「札幌にいくためにどうすればいいか」「札幌に行けるのか行けないのか」「というか札幌ハードモードすぎる」というように、コンサートに行くことよりも「札幌ドームに到達する」というミッション を達成することで頭がいっぱいでした。あと疲れがすごかったです。帰宅して初めてじわじわとコンサートにいけないという気持ちになり、特別に更新されたエイトレンジャーをみて、本格的にちょっと落ち込んだ、というのが感情の動きでした。 

 

感想と反省

冬の札幌はかなりリスキーだということを改めて実感しました。体感しないと本当にわからないよね!
できることならば前乗りで。土曜のコンサートの場合、寝るだけでもいいので金夜にはついておきたいところ。前乗りではなくても早め早めの行動が大切です。あと、次に行くならばなるべくLCCは避けるかな、とも思います。どこの航空会社ならば飛ぶのか飛ばないのかというのは全然わからず、運によるところがかなりあると思いますが、その後のフォローはやはりLCCよりも大手航空会社が手厚いです。当たり前ですが。LCC、安いのがかなり魅力ではあるのですが、結局土壇場になったら45000円の航空券を買おうとするんだし、それならば最初からある程度の金額を出しておくのが賢いよねってことに気づきました。その場にいた人たちもみんな言ってました。
あと他の方のブログで読んだのですが、往復で買っておくと、片道キャンセルになったときに往復分の金額が返ってくるというのも、ぜひ取り入れたいですね。行きのジェットスターは返金されるのですが(クーポンで)(?)、帰りのスカイマークは普通にキャンセルしたので1500円くらいしか返ってきませんでした。

その他、旭川は雪に強いとか函館に行く手もあるとか(ただし札幌まで3時間程度)、新千歳に飛ぶ以外の方法もなんとなく頭にいれておくと安心ですね。北海道までだけでなく、新千歳から札幌ドームもバス、電車、地下鉄といろいろな手段があるので、使いこなせると安心かと思います。まぁこれは札幌に限った話ではないですが。

 

無事札幌ドームにたどり着けた方も帰りが大変だったという声もたくさん聞きました。なんというか、本当にお疲れ様でしたと言って肩を叩き労い合いたいです。

まだまだ始まったばかりの関ジャニ'sエンターテインメント、今年も忘れられない冬になりそうです。